覇界王

「覇界王」1月分更新です。
12月分の更新は実家へ帰っている間だったので、ブログに書くのを忘れていました。
翔輝竜神と新龍神のピンチにベターマンたちが参戦。
龍神に合体して新龍神も空を飛びます。
一方でガオファイガーとガオガイゴーは覇界王キングジェイダーと対決。
蛍汰の機転でガオファイガーとゴルディーダブルマーグの合流を助けます。
そして振るわれるダブルハンマーの前に何故か覇界王キングジェイダーが撤退。
まだ余裕があったはずなのに何故?
次回はいよいよ竜たちの戦いが決着するのかな。

覇界王

「覇界王」ようやく更新です。
いよいよ始まった「竜シリーズだらけの合体戦! 最強兄弟と無敵姉妹、勝つのはどっちだ大作戦」
光竜と日龍は輝竜神、闇竜と月龍は新龍神だそうです。
そしてその間、凱たちは、覇界王キングジェイダーとの戦いに。
次の更新は12月とのことですが、楽しみです。

覇界王

漫画版「覇界王 ~ガオガー対ベターマン」更新です。
新しい仲間を加えて、いよいよ勇者たちを迎えに行く計画へ向けて沸き立つオービットベース。

そんなオービットベースの日常にアルジャーノンの影が!

小説版より展開が早いですね。

小説の中巻はいつ発売何だろう。

覇界王

「覇界王 ~ガオガイガーベターマン」ようやく更新です。

でも話がまったく進んでないorz
前回の引きで、今回はいよいよ対決かと思っていたのですが、何か3勢力それぞれの出撃前の話で終わっていました。

デウスによると後3回は人類滅亡を乗り越えなければならないそうですが、今回の決戦はその1つでしょうね。

 

ルシファー

ルシファー第5話です。

自分が力を貸してやったアーティストの靴のファッションショーにやってくるルシファー。

しかしショーの最中に銃撃事件が起きて、銃による死人は出なかったものの、避難中の混乱で女の子が死んでしまう。

前回、ルシファーが銃で撃たれて怪我をしたこともあり、ボディガード役のメイズは気が気ではないのに、ルシファーはむしろまた銃に撃たれてみたいくらいの調子。

そんなメイズの元にアメナディエルが現れて、利害の一致からリンダ先生のことを漏らします。
アメナディエルは早速、同じカウンセラーを名乗ってリンダ先生に接触
ルシファーの情報を引き出そうとします。

一方、ルシファーは事件の捜査にスリルを覚え、クロエの上司を誑し込んで積極的に捜査にかかわれるようにしてもらいます。

クロエも民間人を撃った負い目があるのでルシファーの動向をしぶしぶ了承。

そんな中、クロエが署内で孤立している理由が少しわかります。

元相棒のマルコムが賄賂を受け取っていると疑い、そのマルコムが銃撃事件で撃たれて意識不明の重体になっているらしいです。

例によって容疑者が浮かんでは消える状況で、今度はギャングの襲撃に巻き込まれるルシファーたち。

メイズが無双してルシファーを助けるのですが、その後、ショーの襲撃に使われた銃が出てきて、犯人逮捕。
と思ったら、どうも様子がおかしい。

どうやら真犯人が罪を擦り付けるために銃を紛れ込ませたようです。

そして真犯人に思い至ったルシファーとクロエは、真犯人と対決。

自分を騙した真犯人に怒りをぶつけるルシファー。

事件は解決したものの、ルシファーの不死身の力がどうなっているのかは不明のままです。

ルシファー

第4話です。

プレイボーイ養成講座と言う胡散臭いセミナーで働いていた女性が行方不明になり、ルシファーのコネでセミナーに参加して捜査しようとするクロエ。

しかし、セミナーに参加したルシファーが引っ掻き回してくれたので捜査は難航。

まぁ何しろルシファーは天然のプレイボーイですから、そんなことやって本当に女にもてるの? と堂々と言ってしまい、セミナーをぶち壊しそうになります。

やがてセミナーの代表のカーヴァーの元に彼女の身代金要求が……
カーヴァーはこんなセミナーを開いているのに、実は彼女一筋だったみたいで、身代金を用意して犯人の元へ。

ルシファーたちも後をつけるのですが、意外な展開に……

そして事件とは別に、今まであれだけ銃で撃たれても平気だったルシファーが、クロエの放った銃弾で足を撃たれたら、普通に怪我をして痛がると言う異常事態が。

ルシファーに何が起きているのでしょうか。

ルシファー

第3話です。

あるセレブのパーティーで真面目なクォーターバックの選手タイと知り合うルシファー。

彼の欲望を引き出し、女性と一夜を共にするようそそのかすルシファー。

ところが、翌朝、その女性がプールで死体となって発見されます。

このままでは自分が疑われるとタイから泣きつかれたルシファーは、警察に知り合いがいるからとクロエを呼びだします(笑)

私はあんたの専属捜査官じゃないとご立腹のクロエですが、ルシファーは知らん顔。
それとは別に、ルシファーがLUXのオーナーと名乗ると、偽物扱いされたり、身に覚えのない請求が届いたりと、どうやらルシファーの偽物がいる様子。
この二つは関係のない事件なのですが、途中で女性殺害の容疑者として出会ったトラブルシューターにちゃっかりと偽物を捕まえる依頼をするルシファー。

捕まった偽物はルシファーとは似ても似つかない青年で、以前にLUXでここのオーナーだと言ったら女の子にモテたので、味を占めてルシファーを名乗っていたとのこと。

一度は腹を立てるルシファーですが、結局、彼を許します。

もちろん二度とやらないように釘を刺して。

そして殺人事件のほうも容疑者が二転三転して、最後は意外な人物が……