思い浮かばない

今週のお題今年買ってよかったもの

今年、買った物で印象に残る物がなかったので、ブログを読み返してみたんですが……

うーん、これは印象に残らないわ。

まぁ、ビデオ関係はいつものごとしなんですが、今となっては「君の名は。」すら、さほど印象に残っていない。

まぁ、公開されたのが去年で、さんざん待たされている間に熱が冷めてしまったというか。

「スペース・スクワッド」も後で感想を書こうと思って、記事だけ作って忘れているし。

正解するカド」は最後の最後に失速。

なんか今年はあまり盛り上がりませんでした。

いや、盛り上がっても鎮火するのも早いと言うか。

何かおもしろいことないかなぁ。

ロスト・ガール

「ロスト・ガール」第7話を見ました。

文句を言いながら家中を厳重に戸締まりしている老婆。

戸締まりをちゃんとしない姉妹をしかりつけようとしたところ、その姉妹に殺されてしまいます。

そして部屋の片隅で蠢く蜘蛛。

ダイソンとヘイルは近頃、付近で起きている殺人事件の捜査中。

同居人同士が殺し合うという事件が多発しているのだとか。

一方で、ケンジーはニセ霊媒師になって死人が出た家の除霊をやってお金を稼いでいました。

助手としてついていくボウ。

依頼のあった家というのが、冒頭の老姉妹が殺し合った家。

無事(?)除霊をしたと言って代金を手に入れるケンジー。

しかし、彼女のバッグに例の怪しい蜘蛛が潜り込んでいました。

どうやらこの蜘蛛はアンダーフェイで、その毒は人の猜疑心を増幅させるみたいです。

噛まれたケンジーとボウはお互いに不信感を募らせていきます。

さらに症状が進むと、広所恐怖症から幻覚を発症し、外に出られなくなるみたいです。

フェイたちの家に危険なアンダーフェイがいるとわかり、家毎焼いて殺すように上から指令が出ます。

ダイソンはボウたちを助けるために、別行動。

フェイの中で珍しいアンダーフェイを飼育する趣味の男が飼い主とわかり、ダイソンが締め上げて蜘蛛が簡単には死なないこと、殺すにはどこかに隠された心臓を潰さないといけないことなどを聞き出します。

ボウたちと連絡を取ろうと家に侵入したヘイルはケンジーに捕まって椅子に縛り上げられてしまいます。

身動きできないヘイルも蜘蛛に噛まれてしまいます。

しかし、ボウはヘイルからエネルギーを吸ったおかげで解毒され正気に戻り、ダイソンからの連絡で蜘蛛を殺し方を知り、心臓を探します。

間一髪、ボウが心臓を見つけて蜘蛛を殺したおかげで、家毎焼かれる指令は撤回されました。

今回はヘイルの活躍回かと思ったら、ケンジーにあっさり気絶させられて椅子に縛り上げられたあげく蜘蛛に噛まれて踏んだり蹴ったりでしたね。

ロスト・ガール

「ロスト・ガール」第6話を見ました。

冒頭で人の足でスープを煮込んでいる怪しいおばさん登場。

そして夜になって苦しみ出すおばさん。

目から血らしいものが涙のように流れています。

まぁ、そりゃー自業自得だわなとか思っていたら、この人は感染症で死んだ人の死体を食べて感染の拡大を防いでいる善いフェイでした。

ボウがローレンと仲が良いのが気に入らないケンジー。

嫉妬ですかね。

報せを聞いておばさんの家の調査に来るローレン。

ボウも一緒に行くならとケンジーもついてきてしまいます。

何も知らされていなかったケンジーは家の中を漁って、例のスープを発見。

勝手に温めて食べてしまいます。

事情を知らされて青ざめるケンジー。

ローレンの病院へ入院させられるケンジー。

ローレンとボウは足の持ち主のことを調べ、怪しい製薬会社へ行き当たります。

ケンジーを助ける為潜入捜査をしようとする二人。

病院に残されたケンジーの元に例のおばさんも運ばれてきますが、結局、亡くなってしまったみたい。

パニックに陥るケンジーは、看護士のお兄さんを脅して病院から脱走してしまいます。

潜入調査中のボウたちに代わってダイソンがケンジーを探し出して保護。

病院には戻りたくないと言うケンジーを、ダイソンはトリックのバーへ連れて行きます。

トリックの私室で眠るケンジーに、トリックはある貴重な品から薬を作って飲ませ、症状の進行を遅らせようとします。

その貴重な品を手に入れる為、大事にしていたグレイプニール(フェンリルを縛った鎖)を手放します。

……トリックって良い人なんでしょうか。

何か裏があるっぽかったのですが。

一方のボウとローレンはついに病気の元となっているバジリスクとご対面。

どうやら機械に繋がれて無理矢理生かされている状態みたいです。

薬を作る為の細胞を採ったら、機械を止めてバジリスクを殺すローレン。

放置しておいたら、また同じ様な悲劇が起こるから。

ローレンの作った治療薬でケンジーは回復。

少しはローレンとの仲もましになったかな。

パスタ

今週のお題「得意料理」

まぁ、得意料理と言えばパスタですね。

 

サーモス 真空断熱パスタクッカー トマト KJB-2000 TOM

サーモス 真空断熱パスタクッカー トマト KJB-2000 TOM

 

 

これが便利なんですよ。

パスタをセットして、後はお湯を注いで蓋をして放置。

その間に具材を炒めたり、パスタソースを作ったり。

まぁ、パスタソースなんて、最近はいろいろと出来合でおいしいものがありますからレンジで温めるだけなんですけどね。

セットしたタイマーが鳴ったら、湯切りをして具材とパスタソースを絡めるだけ。

一度に2人前作るので、夏場は、冷蔵庫で保管して2食目は冷製パスタで頂きます。

ロスト・ガール

アメリカにもカッパがいるんだ

と言うわけで、「ロスト・ガール」シーズン1の3話から5話まで一気に見ました。

これでディスク1枚目が終わった。

3話は女子寮の地下に巣くうカッパが登場。

アメリカにもカッパっているんだと思ったら、最後に東洋のフェイ(妖怪)と紹介されていました。

4話はいきなり大爆発で黒こげの頭蓋骨が降ってくる展開。

何故そんなことになったのかと回想する話。

ダイソンにつれなくされて怒ったボウが復讐の女神の夫婦と3P。

ところが、旦那が人間とも浮気をしていて奥さんから殺しの依頼が……

もちろん断って、ターゲットとなった女性を匿おうとするボウでしたが、実は旦那は浮気をしていたのではなく、この女性がストーカーだったんです。

何か3話も4話も人間の方がフェイより怖い(笑)

5話はボウの出生の秘密が少しわかる話。

賭博場を仕切っている闇のフェイからの依頼。

人間に出し抜かれて大損をしたので、からくりを調べて欲しいという依頼でしたが、その人間はすでに死んでいて、死体に取り憑いて操っている闇のフェイの仕業だったことが判明。

さらにその背後に黒幕が……

と言う感じで、なかなかおもしろいのですが、私の方がなかなか見る時間が作れないのが難ですね。

また来週かな。

ロスト・ガール

今週のお題「芸術の秋」

 

 以前から気になっていた『ロスト・ガール』

シーズンコンプリートボックスは出てませんが、廉価版が全シーズン一気に出ました。

バフィーチャームドが好きな私としては、この機会に見ようかと買ってしまいました。

あぁ、また積みビデオが(笑)

とりあえず、1話と2話を見ました。

舞台はサキュバス、狼男、デュラハンなどが一括りでフェイと呼ばれている現代。

フェイは正体を隠して暮らしていて、表面上は平穏な日常なわけですが、実際にはフェイは光と闇の勢力に分かれていて、一触即発の状態らしいです。

今まで自分の正体を知らずに暮らしてきた主人公のボウは、スリの少女ケンジーを助けるために男を殺してしまい、警察内にいるフェイに目を付けられ、フェイのコミュニティー(?)に攫われます。

そこで自分の正体がサキュバスだと知らされ、光と闇のどちらかを選ぶように迫られるのですが、彼女は自分は人間だと言って中立の立場になります。

そんな彼女の元にはフェイから、奇妙な依頼が舞い込むようになってという感じです。

ボウは自分の本当の両親の情報の為、同居することになったケンジーはお金の為、に依頼を引き受けるのですが……

インドア派

今週のお題「休日の過ごし方」

休日は基本部屋に籠もって本を読んだり、ビデオを見たりして過ごしてます。

それに、今年は何か雨が多いんですよね。

雨の日に外出なんてしたくないですしね。

まぁそれ以前に、日頃仕事で体を使っているので、休みの日まで体を動かしたくないですと言うのが本音ですね。